棟上げ式(読み)むねあげしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棟上げ式
むねあげしき

上棟式 (じょうとうしき) ともいう。棟上げを祝う儀式。建築工事で,柱,梁,棟などの構造体を組上げ,建前を終って棟木を引上げて取付けするときに行う。木造以外のコンクリート造など,棟木のない場合も,主要架構工事を終ったときに行う。上棟祭ともいい,殿堂や家屋の建造の際,神を祀る建築儀礼の一つとして,平安時代に始った。現在も木造日本住宅の棟上げ式で,棟木に御幣を飾り,大工などが並んで,頭梁が棟木を打ち固める行事が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棟上げ式の関連情報