コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築儀礼 けんちくぎれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築儀礼
けんちくぎれい

民俗学用語。家の建築に伴う儀礼の総称で,敷地を塩で清め地の神を祀る地鎮祭,土台になるところをつき固める地つきの行事,小屋組みの終ったところで行われる棟上げ式屋根ふきのあとのふき籠り,新築された家のまわりをめぐる家見,そして新しい家に引移る屋移りの行事などの諸行事がこれに含まれる。ことに棟上げ式の際には,棟に大きな竹の弓を立て,または扇子,麻緒,男女の帯,髪,髪結い道具を飾り,親類や近所の手伝いの人たちを招いて屋根から銭や紅白の餅をまくといったしきたりが広く行われている。また大工に対しては家主や親戚が大工ぶるまいと称して酒食を贈る習慣がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくぎれい【建築儀礼】

建築工事の着工や主要工程の完成の機会に行われる儀式は,日本だけでなく世界各地に古くからあり,現代でもひろく行われている。そのときに,建築部材に飾りつけをし,酒や食物を供え,祈禱や祝辞を捧げ,式後に祝宴を行うことが一般的に見られる。これらの儀式は建築工事の安全を祈るだけでなく,建築の永続,ひいては建築主である家族や共同体の将来の幸福を祈るという意味が含まれている。建築儀礼は新築工事だけでなく,屋根の葺替えや住居の移転の機会にも行われ,また橋梁などの土木工事や造船工事の際にも,渡りぞめ,進水式などの類似の儀式が見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建築儀礼
けんちくぎれい

家屋を建造する過程で行われる各種の儀礼。最初に、敷地選定や建築開始の日を決めるための占いがしばしば行われる。その後、着工するとき、棟上げのとき、完成時、初めて入居するときなどに儀礼がなされる。建築は、樹木、草、石、土などの自然物を利用して自然空間を文化的空間に変えることであり、儀礼的行為によってこのことを表現するのが建築儀礼であるといえる。そのため建築儀礼は主として二つの側面をもっている。一つは、木や石などの建築材料に対して、またそれらを支配する神や大地の神などに対して感謝を述べ許可を得ることである。その際、たいてい供物、とくに動物のいけにえが捧(ささ)げられる。もう一つは、住居が文化的空間であること、つまり人々が抱く世界秩序のあり方(文化)を家屋の構造が反映していることを儀礼によって表現することである。建築儀礼は世界観を再確認することでもあり、とくに方位、具体的には家屋の四隅、東西南北と中央が強調される。メキシコのマヤ人は、棟上げのとき2羽のニワトリをいけにえに殺し、首は中央に、足は家の四隅に埋め、四隅の柱に酒と食物をかける。また、特別の儀礼を行わなくとも、建築の手順そのものが世界観を反映していることも多い。たとえば、インドとミャンマー(ビルマ)の国境付近に住むプルム人の社会では、家は縦に二つの部分に分けられ、右側の部分は家の主人とその未婚の子女が使う空間、左側は実家を訪れた既婚の娘とその夫、および娘に求婚中の男の空間である。そして家を建てるときには、右側の主柱がまず立てられ、次に左側の主柱が立てられ、その上にのせられる梁(はり)も同じように右を先に、左を後に据える。プルム人の社会では右と左、親族と姻族、優と劣といった二元論的世界観が建築の手順に反映されているのである。[板橋作美]

日本の建築儀礼

新築、屋根の葺(ふ)き換えなどの行事を、ヤゴトといっている所が多い。これらの仕事は、親類縁者や、集落内の共同仕事にまつことが少なくないので、いろいろな儀礼を伴って行われている。まず第一着手として、今日でも一般に行われているのは地鎮祭である。地祭(じまつり)などといって、家の敷地において土地の神を祭るのである。注連(しめ)を張り、榊(さかき)や竹を立て、供え物の棚を設け、神職が祝詞(のりと)をあげるのが一般の形式である。いよいよ工事に着手するにあたって、作業の小屋入り、手斧(ちょうな)始めなどといって祝いをする所がある。これが済むと地固めにかかる。石場つき、ドウヅキ、タコツキなどといい、地搗き杵(じつききね)につけた綱を、歌を歌いながら女が引くのが多い。建築にとりかかって棟上げが済むと、もっともだいじな建前(たてまえ)すなわち棟上げ祝いが行われる。棟上げが済むと、それで一戸の家として認められるのである。棟梁(とうりょう)が御幣(ごへい)を持って棟に上り、魔除(よ)けとして弓矢を棟に上げる例もみられる。棟上げや屋根の葺き上がりのとき、グシ餅(もち)といって餅をまく風習が一般にみられる。東北地方では新築のときばかりでなく、屋根の葺き換えのときにも行うという。そして、この日の餅は、シトギ餅で、藁苞(わらづと)に入れて小銭(こぜに)とともにまく。長野県北部では鼻緒を切った草履(ぞうり)を、餅や小銭とともに投げる。これを拾って、頭痛や赤子の夜泣きのとき枕元(まくらもと)に置くと治るという。神奈川県相模原(さがみはら)市緑(みどり)区の旧藤野町地区では、建前のとき大黒柱に、蓑笠(みのかさ)を結び付ける習慣があった。棟上げが済んだのち啜り粥(すすりがゆ)といって、新築の家のおもな柱に、粥を供える風習が各地にある。岩手県では隅(すま)っこ粥といって、新築の祝いに二親のある6人の子供が、家の四隅に向かって歩きながら粥を食べる式を行う所がある。棟上げの祝いが済むと、大工送り、棟梁送りといって、親戚(しんせき)の者などが大工を家に送って行く。長崎県壱岐(いき)島などでは、この風習がなかなか盛んで、米俵(こめだわら)、酒樽(さかだる)などを担って送ると、棟梁の家では、それを家の門前に飾っておくという。新築の祝いで広くみられる風習は、ワタマシ粥を炊くことである。この粥にはいろいろな特色があり、小豆(あずき)粥であるが、その中に黒豆、小石、銭などを入れ、それに食べ当たった者は縁起がよいという。静岡県下には屋移り粥といって、長老が大黒柱にこの粥をそそぎ、祝い言を唱える例がある。新築の家に初めて移るとき、最初に持参するものには土地ごとに慣例があった。東京ではもと万年青(おもと)の鉢植えを持参したが、神棚、仏壇、臼杵(うすきね)、鍋釜(なべかま)、桶(おけ)に井戸水をくんだもの、漬物桶、牛馬などを持って行く例もある。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の建築儀礼の言及

【人柱】より

…しかし,インドネシアの多くの民族では,人身供犠の代用物が用いられ,ジャワのスンダ族では,新築家屋の基礎の下には,水牛の頭や,ヤギや鶏を埋める。南インドでもかつては建築儀礼において人間を殺すことが多かったが,現代では寺院の建立に際しては,人間や人間の頭の代わりにココヤシの実を一つ基礎の下に埋める。ヨーロッパにも人柱の習俗や伝説は多い。…

※「建築儀礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

建築儀礼の関連キーワードトラジャ手斧始め木遣り

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android