棟上(読み)むねあげ

精選版 日本国語大辞典の解説

むね‐あげ【棟上】

〘名〙
① 家を建てるとき、柱・梁(はり)などを組み立て、その上に棟木(むなぎ)をあげること。また、それを祝う儀式。式の際に餠などまいた。上棟(じょうとう)。建前(たてまえ)
※中右記‐承徳二年(1098)二月九日「今日関白殿引公卿殿上人向南京給、是明後月依興福寺棟上也」
② 板輿(いたこし)、網代輿(あじろこし)などの屋根の棟を高くそらせたもの。棟立(むねたて)。棟立輿。
※簾中旧記(1521頃か)「御なりの事。正月二日は時の管領へ成り候。〈略〉上様は御むねあげに召し候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の棟上の言及

【建築儀礼】より

…古代寺院の造営でも,基礎工事では鎮壇具を地中に埋めて安全を祈り,完成のときには造立供養(ぞうりゆうくよう)が行われた。平安時代以降の建築工事では,礎(いしずえ)(礎石を据えるとき),手斧始(ちようなはじめ)(事始(ことはじめ),木作始(きづくりはじめ)とも呼び,材木加工の開始),立柱(りつちゆう)・柱立(はしらだて)(柱を立てるとき),上棟(じようとう)・棟上(むねあげ)(棟木をのせるとき)が主要な儀式で,日時をあらかじめ陰陽師が卜占し,当日は建築工匠と工事関係者が工事場に集まって儀式を行った。手斧始では工匠が材木に墨糸で墨を打って手斧で削る所作を行い,上棟では棟木上に五色の絹や御幣を飾り,酒を供えた。…

※「棟上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棟上の関連情報