コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網代輿 アジロゴシ

大辞林 第三版の解説

あじろごし【網代輿】

輿の一。網代を張り、黒塗りの押し縁ぶちを打ちつけた輿。上皇・親王・摂政・関白が用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の網代輿の言及

【輿】より

…武家は公家とは反対に車を用いないで輿を用い,室町時代には家格の高い者に将軍が輿を用いることを特許する制度が生じた。天皇が朝覲行幸,即位等に用いる鳳輦(ほうれん)が最も格が高く,次いで天皇が尋常の行幸に用いる葱花輦(そうかれん)以下,腰輿(たごし),小輿,網代(あじろ)輿,板輿,張輿,四方輿,塗輿等の種類がある。腰輿は上皇,王臣,高僧が用い,網代輿は親王,摂関,清華家の者が用いたが,室町時代以降は家格の高い武家も網代輿をおもに用いた。…

※「網代輿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

網代輿の関連キーワード押し縁清華家摂家摂政関白上皇

網代輿の関連情報