コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森三千代 もり みちよ

1件 の用語解説(森三千代の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森三千代 もり-みちよ

1901-1977 昭和時代の詩人,小説家。
明治34年4月19日生まれ。金子光晴の妻。昭和2年詩集「竜女の眸(ひとみ)」を刊行。3年から7年まで光晴と東南アジア,パリを放浪する。のち小説に転じ,作品に「巴里(パリ)の宿」「小説和泉式部」など。昭和52年6月29日死去。76歳。愛媛県出身。東京女高師(現お茶の水女子大)中退。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の森三千代の言及

【金子光晴】より

…高踏的・耽美的な詩集《こがね虫》(1923)はその所産。24年,森三千代と結婚したが,定職につかず生活は困窮した。三千代が土方定一と恋愛し,面目を失ったため,28年,三千代と日本を脱出,東南アジアからヨーロッパまで,5年間放浪した。…

※「森三千代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

森三千代の関連キーワード磁鉄鉱系列正岡子規マルクス兄弟永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム冤罪恐怖映画社会科教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone