コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子光晴 かねこみつはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子光晴
かねこみつはる

[生]1895.12.25. 愛知,津島
[没]1975.6.30. 東京
詩人。本名,保和。早稲田大学慶應義塾大学東京美術学校などを中退。 W.ホイットマン,E.カーペンターなどの影響による民衆詩派的色彩の濃い詩集『赤土の家』 (1919) を出版して渡欧。 E.ベルハーレン,C.ボードレールの作品に親しみ,帰国してフランスの象徴派高踏派の影響を消化した華麗な作風の詩集『こがね虫』 (23) ,『水の流浪』 (26) を出した。その後,妻森三千代との共著『鱶 (ふか) 沈む』 (27) 発行後,1929年再び妻とともに約6年に及ぶ渡欧の途についた。 34年帰国後,日本の風俗や家族制度,天皇中心の権力支配,戦争を痛烈に否定した抵抗詩集『』 (37) を出したあと沈黙を守り,第2次世界大戦後は『落下傘』 (48) ,『蛾』 (53) ほか旺盛な詩活動を続けて詩壇に重きをなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かねこ‐みつはる【金子光晴】

[1895~1975]詩人。愛知の生まれ。本名、保(安)和。反権力的な新象徴主義詩人として注目された。詩集「こがね虫」「鮫(さめ)」「落下傘」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金子光晴【かねこみつはる】

詩人。本名保和(やすかず)。愛知県生れ。早大・慶大・東京美術学校いずれも中退。1919年から2年間,ヨーロッパへ留学,帰国後,1923年詩集《こがね虫》で詩壇に登場。
→関連項目山之口貘吉田一穂

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子光晴 かねこ-みつはる

1895-1975 大正-昭和時代の詩人。
明治28年12月25日生まれ。森三千代の夫。大正8年初の詩集「赤土の家」を出版後,渡欧。帰国後「こがね虫」を刊行。昭和12年日本の現実を風刺した「鮫(さめ)」を発表。戦後,反戦詩集「落下傘」「蛾(が)」などを刊行。29年「人間の悲劇」で読売文学賞。昭和50年6月30日死去。79歳。愛知県出身。早大,東京美術学校(現東京芸大),慶大中退。旧姓は大鹿。本名は保和。
【格言など】二十五歳の懶惰(らんだ)は,金色に眠っている(「こがね虫」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かねこみつはる【金子光晴】

1895‐1975(明治28‐昭和50)
詩人。愛知県生れ。本名安和。父大鹿和吉は酒商だが,興業や鉱山に手を出していた。1897年,金子荘太郎・須美の養子となり,荘太郎の転勤で,京都,東京と移り住む。小林清親(きよちか)に日本画を学び,後の放浪旅行中には,絵で糊口をしのいだこともある。早大予科,東京美術学校,慶大予科に入学したが,いずれも中退。1915年,肺尖カタル病臥(びようが)し,詩作を始めた。16年,義父の死で,遺産20万円を義母と折半したが,短期間に散財,残った金で,19年から2年間,ヨーロッパへ留学,ベルギーのブリュッセル郊外に滞在して,初めて向日的な日々を送り,西欧文化への目を開かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かねこみつはる【金子光晴】

1895~1975) 詩人。愛知県生まれ。本名、大鹿安和(保和)。早大予科・東京美校・慶大予科をいずれも中退。「こがね虫」で詩壇に登場、絢爛けんらんたる詩的世界が注目されたが、のち強烈な自我意識とニヒリズムを基調にした詩風に転じた。詩集「鮫」「落下傘」「蛾」「人間の悲劇」「 IL 」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子光晴
かねこみつはる
(1895―1975)

詩人。明治28年12月25日、愛知県海東郡越治村(津島市)生まれ。父大鹿(おおしか)和吉、母りやうの三男。本名安和(やすかず)。弟の秀三は詩人、小説家の大鹿卓(たく)。1897年(明治30)建築業清水組名古屋出張所主任金子荘太郎の養子となり、京都、東京に移り住む。暁星中学を経て、早稲田(わせだ)大学、東京美術学校、慶応義塾大学をいずれも中退。1916年(大正5)病臥(びょうが)中に初めて詩作を試み、以後60年に及ぶ。19年1月、義父の遺産の残りで、処女詩集『赤土(あかつち)の家』を出版、同年2月、骨董(こっとう)商鈴木幸次郎に伴われ渡欧、ベルギーで詩作に励んだ。その一部が『こがね虫』(1923)で、熱烈な美への憧憬(しょうけい)をうたっている。関東大震災で家を失い、各地を放浪。24年、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)の生徒森三千代と結婚。だが、三千代は恋多き女で、27年(昭和2)土方(ひじかた)定一と駆け落ちした。草野心平(しんぺい)の尽力により連れ帰り、日本を脱出、足掛け5年、東南アジアからヨーロッパまで放浪旅行。この苦しい旅で、無国籍者の視座を得、詩人として大きく飛躍した。帰国後にまとめた『鮫(さめ)』(1937)は戦争を批判的に描き、現代を代表する詩集といわれている。第二次世界大戦中に書きためた反戦詩は、戦後『落下傘』『蛾(が)』(ともに1948)、『鬼の児の唄(うた)』(1949)として刊行、注目された。戦後は自伝的な『人間の悲劇』(1953)、『水勢』(1956)、『IL(イル)』(1965)などで、日本人の悲劇を追究し、独得の文体を確立した。晩年は自伝小説『どくろ杯』(1971)ほかを書き、柔軟、自在な語り口を示している。昭和50年6月30日没。[首藤基澄]
『『金子光晴全集』全15巻(1975~77・中央公論社) ▽首藤基澄著『金子光晴研究』(1970・審美社) ▽嶋岡晨著『金子光晴論』(1973・五月書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金子光晴の言及

【鮫】より

金子光晴の詩集。1937年人民社刊。…

【詩】より

…一方,草野心平,逸見猶吉,高橋新吉,菱山修三,中原中也,山之口貘,伊藤信吉らは《歴程》(1935創刊)に拠り,それぞれの個性的な詩風を展開すると同時に,宮沢賢治,八木重吉ら物故詩人の仕事の顕彰につとめた。《歴程》には高村光太郎や金子光晴も寄稿した。戦争の激化とともに多くの詩人が軍事国家体制下の戦争詩の書き手に変貌していったが,金子光晴は近代的自我意識に根ざす反骨と批判精神を保った抵抗の詩をひそかに書きつづけ,戦後《落下傘》(1948),《女たちへのエレジー》(1949)その他の詩集としてこれらを発表,反響をよんだ。…

※「金子光晴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金子光晴の関連キーワード鮫(金子光晴の詩集)京都守護職始末佐立 七次郎河邨 文一郎平野 威馬雄佐立七次郎森 三千代河邨文一郎バトゥパハ茨木のり子金子 光晴富岡多恵子ニヒリズム森谷 均秋山 清牧 羊子戦争文学武江年表鈴木清長田弘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金子光晴の関連情報