コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森口邦彦 もりぐち くにひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森口邦彦 もりぐち-くにひこ

1941- 昭和後期-平成時代の染色家。
昭和16年2月18日生まれ。京都市立美大(現京都市立芸大)日本画科卒業後,パリ国立高等装飾美術学校でグラフィック・デザインをまなぶ。帰国後,父森口華弘(かこう)に友禅をまなび,昭和42年日本伝統工芸展初入選。44年友禅訪問着「千花」で工芸展NHK会長賞。平成4年芸術選奨文部大臣賞。幾何学文様をもちいるなど友禅に新生面をきりひらいた。日本工芸会常任理事をへて,14年同会副理事長。19年人間国宝。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森口邦彦の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森口邦彦の関連情報