森本清吾(読み)もりもと せいご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本清吾 もりもと-せいご

1900-1954 大正-昭和時代の数学者。
明治33年1月26日生まれ。深沢利重の5男。独学で教員検定試験に合格。東京物理学校(現東京理大)講師,広島高工(現広島大)教授などをへて昭和25年群馬大教授となる。昭和29年6月19日死去。54歳。群馬県出身。勢多農林卒。著作に「数論」「近世幾何学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android