コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深沢利重 ふかさわ とししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深沢利重 ふかさわ-とししげ

1856-1934 明治-昭和時代前期の実業家,教育者。
安政3年3月23日生まれ。群馬県前橋の深沢雄象の娘婿となり,養蚕製糸業の研業社をつぐ。明治21年前橋英和女学校(現共愛学園)を創設。「日露時局論」で日露戦争の早期終結をうったえた。昭和9年10月7日死去。79歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。旧姓は大慈弥。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深沢利重の関連キーワード清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone