深沢利重(読み)ふかさわ とししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深沢利重 ふかさわ-とししげ

1856-1934 明治-昭和時代前期の実業家,教育者。
安政3年3月23日生まれ。群馬県前橋の深沢雄象の娘婿となり,養蚕製糸業の研業社をつぐ。明治21年前橋英和女学校(現共愛学園)を創設。「日露時局論」で日露戦争の早期終結をうったえた。昭和9年10月7日死去。79歳。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)出身。旧姓は大慈弥。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android