森枳園(読み)もり きえん

大辞林 第三版の解説

もりきえん【森枳園】

1807~1885 江戸後期の医師・考証家。江戸の人。枳園は号、本名、立之。医号、養竹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もり‐きえん【森枳園】

江戸末期~明治初期の医家、書誌学者。名は之。字は立夫。別号醒斎、節斎、二端道人など。江戸の人。伊沢蘭軒・狩谷棭斎に入門。幕府医学校躋躊館講師となり「医心方」校刻に従事、「経籍訪古志」編輯にも参与した。著「遊相医話」など。文化四~明治一八年(一八〇七‐八五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android