コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森立之 もり りっし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森立之 もり-りっし

1807-1885 江戸後期-明治時代の医師。
文化4年11月25日生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩医。伊沢蘭軒(いざわ-らんけん)に師事,渋江抽斎とまじわる。芝居好きがもとで免職となり,のち帰藩をゆるされ幕府医学館講師として「医心方」の校訂にあたる。維新後は文部省などにつとめた。明治18年12月6日死去。79歳。字(あざな)は立夫。通称は養竹。号は枳園(きえん)。編著に「経籍訪古志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森立之
もりたつゆき
(1807―1885)

江戸後期の医師、考証家。文化(ぶんか)4年11月江戸に生まれる。幼名伊織、字(あざな)は立夫。枳園(きえん)と号した。祖父恭忠の養子となり、15歳で家督、医号養竹(4世)を継ぐ。医は家伝のほかに伊沢蘭軒(らんけん)に、詩を館柳湾(たちりゅうわん)(1762―1844)に、文字、考証学を狩谷(かりやえきさい)に学ぶ。福山侯に仕えたが1837年(天保8)禄(ろく)を失い、1848年(嘉永1)42歳で帰参した。寿館、医学館講師。『経籍訪古志』の編纂(へんさん)に従う。明治以後は文部省、大蔵省に出仕、明治18年12月6日没。78歳。音羽(おとわ)の洞雲寺(東京都豊島(としま)区池袋)に葬る。[柴田光彦]
『川瀬一馬著『森立之・約之父子』(『日本書誌学之研究』所収・1943/増訂再版・1971・講談社) ▽『澀江抽斎』『伊澤蘭軒』(『鴎外全集 第16、第17巻』所収・1973・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

森立之の関連キーワード渋江抽斎(儒医)神農本草経田村藍水小島宝素明治時代漢方医学多紀元堅書誌学稀覯書森枳園解題

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android