コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森白甫 もり はくほ

2件 の用語解説(森白甫の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

森白甫

日本画家。東京生。荒木十畝に師事し、花鳥画を能くする。代表作に「憩」がある。芸術院会員。日展参与。昭和55年(1980)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森白甫 もり-はくほ

1898-1980 大正-昭和時代の日本画家。
明治31年7月6日生まれ。荒木十畝(じっぽ)にまなぶ。大正14年帝展で「巣籠る鷺」が初入選。昭和33年「花」が芸術院賞。53年芸術院会員。多摩美大教授。昭和55年5月27日死去。81歳。東京出身。本名は喜久雄。著作に「日本画の技法」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

森白甫の関連キーワード勝田哲児玉希望渡瀬凌雲横尾深林人秋山政司伊藤貞市井上なつゑ島多訥郎長沼賢海山下巌

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone