森 志げ(読み)モリ シゲ

20世紀日本人名事典の解説

森 志げ
モリ シゲ

明治期の小説家 森鷗外の妻。



生年
明治13(1880)年5月3日

没年
昭和11(1936)年4月18日

本名
茂子

経歴
大審院判事・荒木博臣の長女。明治屋の渡辺勝太郎と離婚ののち、明治35年福岡県小倉にいた森鷗外と再婚した。家庭生活を助けるため、鷗外の考えで創作を始める。42〜44年にかけ「スバル」に毎月小説を発表。鷗外の「半日」の裏面を描いた「波瀾」は有名。のち「青鞜」にも寄稿した。創作集「あだ花」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android