スバル(読み)すばる

日本大百科全書(ニッポニカ)「スバル」の解説

スバル
すばる

文芸雑誌。1909年(明治42)1月~13年(大正2)12月。全60冊。昴(スバル)発行所発行。編集兼発行人石川啄木(たくぼく)、のち江南(えなみ)文三。森鴎外(おうがい)を指導者にいただき、『明星』脱退組の北原白秋、木下杢太郎(もくたろう)、吉井勇らと新詩社系の啄木、平出修(ひらいでしゅう)、平野万里(ばんり)らによって創刊。ほぼ『明星』を継承、詩歌を中心に唯美的な新浪漫(ろうまん)主義思潮を主導し反自然主義の有力な拠点となった。小説・戯曲では、鴎外の文壇再活躍を象徴する『半日』『ヰタ・セクスアリス』(ともに1909)、『青年』(1910)、『雁(がん)』(1911)、杢太郎の『南蠻寺(なんばんじ)門前』(1909)、『和泉(いずみ)屋染物店』(1911)、長田(ながた)幹彦(みきひこ)の『(みお)』(1911)などの名作が載り、詩歌では、白秋、杢太郎、勇、高村光太郎らがのびのびと自己の表現世界を示した。とくに『道程』(1914)に結晶する光太郎の詩業は、啄木の評論とともに近代日本の矛盾に鋭く迫り、新しい時代を用意した。なお、復刻版『スバル』(1965・臨川書店)がある。

[石崎 等]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「スバル」の解説

スバル

文芸雑誌。1909年1月―1913年12月刊。全60冊。《明星》廃刊後,新詩社の青年詩人を中心に森鴎外を指導者として発行。毎号鴎外が執筆し,《青年》《雁》《ヰタ・セクスアリス》などを発表。また北原白秋石川啄木吉井勇木下杢太郎高村光太郎佐藤春夫永井荷風谷崎潤一郎らの作品を載せ,フランス象徴派や世紀末作家の紹介にも貢献し,自然主義文学に対抗して明治末の芸術至上主義(新浪漫主義)の中心となった。
→関連項目小金井喜美子白樺派長田幹彦ロマン主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「スバル」の解説

すばる【スバル/昴】[書名]

(スバル)文芸雑誌。明治42年(1909)1月創刊、大正2年(1913)12月廃刊。「明星」廃刊後、森鴎外を中心に石川啄木いしかわたくぼく木下杢太郎きのしたもくたろう吉井勇らが発刊。詩歌中心で、新浪漫主義思潮の拠点となった。
(すばる)文芸雑誌。昭和45年(1970)集英社より創刊。純文学の新人賞であるすばる文学賞主催

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「スバル」の解説

すばる【スバル】

文芸誌。1909年(明治42)1月~13年(大正2)12月。全60冊。《明星》廃刊直後から,北原白秋,木下杢太郎,吉井勇,長田秀雄,石川啄木,平野万里,高村光太郎ら新詩社系の青年詩人が中心同人となって発刊。指導者に森鷗外を迎え,与謝野寛晶子を顧問格とし,上田敏,永井荷風,谷崎潤一郎,小山内薫石井柏亭,山本鼎ら,学問,小説,演劇,美術ほか各分野の第一線推進者の協力を得た。興隆する自然主義に対抗し,理想主義的・耽美派的な芸術思想・作品の結集する場として大きな役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスバルの言及

【詩】より

…同年三木露風が《廃園》を出し,白露時代と並称された。北原白秋,木下杢太郎ら耽美派とよばれる詩人たちは《スバル》に拠って自然主義運動のあとに来るべき文学・芸術上の新思潮を準備した。《スバル》は指導者に森鷗外を仰ぎ,石川啄木,吉井勇その他多くの新進詩人,作家,劇作家らを擁した。…

※「スバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android