コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青鞜 せいとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青鞜
せいとう

文芸雑誌。1911年9月~1916年2月。月刊。途中 2回休刊。通巻 52冊。生田長江門下の平塚らいてうが首唱し,同門の保持研子(やすもちよしこ),幸田露伴門下の中野初子,木内錠子夏目漱石門下の物集和子(もずめかずこ)の 5人を発起人とした文学集団青鞜社の機関誌。与謝野晶子長谷川時雨らが後援した。野上弥生子岡本かの子伊藤野枝らも参加し,らいてうの宣言「元始,女性は太陽であった」を創刊号に掲げ,女性文芸誌として発足した。しかし「新しい女」の出現を迎えて,社会一般にはなお好奇的偏見や封建性が強く,その風潮に抗してしだいに婦人運動の方向に進み,より先鋭な伊藤野枝を軸とする雑誌に変貌していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐とう〔‐タフ〕【青×鞜】

《bluestocking 18世紀半ば、ロンドンのモンタギュー夫人らの催した文芸愛好家のサロンで、出席者の一婦人が青い靴下をはいていたところから》文芸趣味や学識のある女性のこと。
女流文芸雑誌。明治44年(1911)創刊、大正5年(1916)廃刊。青鞜社の機関誌。平塚らいてうが編集、のち伊藤野枝が引き継いだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

青鞜【せいとう】

1911年,平塚らいてうが主唱して結成した青鞜社の機関誌。野上弥生子,長谷川時雨伊藤野枝,田村俊子,岡本かの子神近市子らが参加。これらの人びとを〈青鞜派〉と呼ぶ。
→関連項目小金井喜美子同人雑誌野上弥生子モンタギュー与謝野晶子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいとう【青鞜】

日本で最初の女流文芸同人誌で,誌名はイギリスの〈ブルーストッキング〉にちなむ。平塚らいてうと日本女子大同窓生らを発起人とし,与謝野晶子,長谷川時雨(しぐれ),野上弥生子,田村俊子ら女流作家を加えた女性のみ30名の青鞜社の同人誌として,1911年(明治44)9月に発刊。月刊誌。小説,短歌,翻訳などが主だが,社則に〈女流文学の発達を計り他日女流の天才を産む〉ことを目的とすると述べ,また創刊号に女性解放のシンボルともいうべき〈元始女性は太陽であった〉という平塚らいてうの文を載せた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいとう【青鞜】

〔一八世紀の半ばごろ、ロンドンの社交界でモンタギュー夫人らが催した文学的サロン blue stocking の訳。グループの一員が青い毛糸の靴下をはいていたことからの命名〕
大正時代の女性団体青鞜社の機関雑誌。1911年(明治44)から16年(大正5)まで刊行された。初め平塚らいてう、のち伊藤野枝が編集の中心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青鞜
せいとう

女流文芸雑誌。六巻52冊。生田長江(いくたちょうこう)の勧めで平塚らいてうにより1911年(明治44)9月創刊、16年(大正5)2月廃刊。青鞜社発行。発起人はらいてうのほか保持研子(やすもちよしこ)、中野初子、物集(もずめ)和子、木内錠子(ていこ)。誌名は、18世紀なかばイギリスのサロンで女権を唱えた女性たちがblue stockingとよばれたのにちなんで長江が命名。表紙は長沼(高村)智恵子(ちえこ)による。わが国初の女性雑誌として発足し、与謝野晶子(よさのあきこ)、長谷川時雨(はせがわしぐれ)、森しげ等、文壇知名婦人を賛助員とし、岩野清子、茅野雅子(ちのまさこ)、尾島菊子、加藤みどり、田村俊子(としこ)、野上八重子(弥生子(やえこ))、水野仙子ら多数の社員を集めた。「一人称にてのみもの書かばや/われは女(おなご)ぞ」の与謝野晶子の巻頭詩、「元始女性は太陽であつた」と始まるらいてうの創刊の辞を掲げた1巻1号は、社則第1条に「女流文学の発達を計り、各自天賦の特性を発揮せしめ、他日女流の天才を生まむ事を目的とす」と記した。前年創刊された『白樺(しらかば)』の影響が濃いが、岡本かの子、瀬沼夏葉(せぬまかよう)、伊藤野枝(のえ)、神近市子(かみちかいちこ)、山田わか等、社員は増え続けた。しかし、女流文学を生み出すにはいまだ熟さない時代だった。相次ぐ発禁処分、尾竹紅吉(べによし)ら一部社員による遊廓(ゆうかく)見学、飲酒が吉原登楼事件、五色の酒事件などとして扱われ、新しい女に対する批判嘲笑(ちょうしょう)が高まるなかで女性問題に関心が集まり、婦人解放運動の一拠点とさえなっていく。1915年1月からは伊藤野枝がらいてうから編集を引き継ぎ、社員制から個人主宰とし、婦人の自立、貞操、堕胎、公娼(こうしょう)問題などが次々に提起される。出産のため帰郷した野枝にかわって一時生田花世が編集するが、上京後野枝が大杉栄のもとに走るなどの恋愛事件、神近市子の大杉刺傷事件のなかで廃刊となる。復刻版(1980・不二出版)がある。[尾形明子]
『『元始、女性は太陽であった――平塚らいてう自伝』上下(1971・大月書店) ▽井手文子著『青鞜』(1961・弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青鞜の言及

【女性運動】より

…与謝野晶子,平塚らいてう,伊藤野枝,神近市子らは,家族制度に抵抗して恋愛の自由を主張し,実践した。また1911年,平塚らいてうは雑誌《青鞜》を発刊し,女性の埋もれた才能の発見を訴え,自我の確立を説いた。このような状況のなかで,女性の問題は注目されるようになり,女性運動家たちの間では,母性保護論争など女性解放をめぐる諸問題が論じられた。…

【平塚らいてう】より

…08年作家森田草平と塩原心中未遂事件(煤煙事件)を起こし世人を驚愕させた。11年生田長江にすすめられ,母から資金を出してもらい,婦人文芸集団青鞜社を興し,同人誌《青鞜》を発刊以後,編集と経営にあたる。創刊号に女権宣言〈元始,女性は太陽であった〉を書く。…

【ブルーストッキング】より

…いずれにせよ18世紀以降は,文学や芸術に興味をいだくインテリ女性に対して冷やかし半分に与えられる呼称として定着した。日本では〈青鞜派〉と訳され,平塚らいてうらは自分たちの機関誌を《青鞜》と名づけることによって,むしろ女性の知的独立宣言という,肯定的な意味合いを強調している。【川崎 寿彦】。…

※「青鞜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青鞜の関連キーワード『青鞜』の冒険/女が集まって雑誌をつくるということブルー・ストッキング椙本 まさを岩淵 百合子斎賀 琴子小林 哥津高村智恵子木内 錠子岩淵百合子小笠原 貞井手 文子藤浪 和子大正時代坂本真琴原田 琴柴田かよ山田わか平塚雷鳥荒木郁子軽き妬み

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青鞜の関連情報