コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村政勝 うえむら まさかつ

2件 の用語解説(植村政勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村政勝 うえむら-まさかつ

1695-1777 江戸時代中期の本草家。
元禄(げんろく)8年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩御庭方。8代将軍となった藩主徳川吉宗にしたがい江戸にうつり,享保(きょうほう)5年開設された駒場薬園園監となる。以後全国の薬草を調査した。安永6年1月8日死去。83歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。通称は左平次。号は新甫。著作に「諸州採薬記」「諸州奇蹟談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

植村政勝

没年:安永6.1.8(1777.2.15)
生年:元禄8(1695)
江戸中期の本草学者。通称は佐平次,号は新甫。和歌山藩領伊勢国飯高郡大津杉村(三重県松阪市)の郷士・植村政恭の子。宝永7(1710)年和歌山藩御庭方,享保1(1716)年江戸幕府将軍職となる徳川吉宗に随行し,江戸で奥御庭方となり庭の手入れと警固,情報収集の任に当たる。享保5年開設の幕府駒場薬園を監理。全国各地に隠密の用務を兼ね採薬すること86回を超え,その記録を『諸州採薬記』として残した。同書は本草学者の採薬記と異なり民情の記事が多く興味深い。宝暦4(1754)年辞職し小普請役,明和1(1764)年隠居。本草の師は阿部将翁。<参考文献>松島博『本草家植村政勝と森野薬園の研究』,木村陽二郎『江戸期のナチュラリスト

(木村陽二郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植村政勝の関連キーワード松岡玄達名倉安興本草家左平次浅野春道近江屋佐平次岡田正応木内政章後藤梨春服部範忠

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone