コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物回転器 しょくぶつかいてんきklinostat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物回転器
しょくぶつかいてんき
klinostat

植物の屈地性,屈光性の研究などにおいて,一方向からだけくる刺激を除くために,植物体を回転してその刺激が各方向から当るようにした装置。 10~20分に1回転程度の低速で回転する。 J.ザックスが 19世紀の後半に考案,のちに W.ペッファーによって改善された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android