コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物回転器 しょくぶつかいてんきklinostat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物回転器
しょくぶつかいてんき
klinostat

植物の屈地性,屈光性の研究などにおいて,一方向からだけくる刺激を除くために,植物体を回転してその刺激が各方向から当るようにした装置。 10~20分に1回転程度の低速で回転する。 J.ザックスが 19世紀の後半に考案,のちに W.ペッファーによって改善された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android