コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈光性 くっこうせいphototropism

翻訳|phototropism

4件 の用語解説(屈光性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈光性
くっこうせい
phototropism

日光や人工光などの光刺激による屈性で,光のくる方向へ向う正の屈性とその反対の負の屈性とがある。茎と葉は一般に正の屈光性 (向日性) を示し,根は負の屈光性 (背日性) を示す。ある種の菌類にみられる胞子嚢柄は正の屈光性,多くの苔類の仮根は負の屈光性を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くっこう‐せい〔クツクワウ‐〕【屈光性】

植物が光の刺激に対し、一定の方向に屈曲して生長する性質。屈性の一つ。光の方向に曲がる正の屈光性は茎・葉で、その逆の負の屈光性は根でみられる。光屈性。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くっこうせい【屈光性】

植物体が光の刺激に対して起こす屈性。屈曲またはねじれが生じる。一般に茎や葉は正の屈光性(向日性)を示す。光ひかり屈性。 → 屈性

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の屈光性の言及

【屈性】より

…刺激方向への屈曲を正の屈性,刺激源から遠ざかろうとする屈曲を負の屈性とよぶ。屈曲運動は刺激源に面する側とその反対側での生長の差によっておこり,刺激の種類に応じて屈光性phototropism,屈地性geotropism,屈熱性thermotropismなどに分けられる。屈光性の存在は,すでに1880年にC.ダーウィンがイネの子葉鞘(しようしよう)での観察にもとづいて指摘している。…

※「屈光性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone