コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈地性 くっちせいgeotropism

翻訳|geotropism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屈地性
くっちせい
geotropism

重力屈性ともいう。芽生えまたはの先端の伸長方向が,重力の作用方向によって規定される現象。芽では重力と反対方向へ (負の屈地性) ,根では重力の方向へ (正の屈地性) の屈曲が起る。機構の説明としては,細胞内の顆粒が重力に引かれて下方に集ることによるとする説があり,デンプン体であるアミロプラストが,そうした顆粒の役割を果すとされる。ただし,このことがなぜ芽と根で逆の結果をもたらすのか,また他の細胞内顆粒は役割を演じていないのかなどについては,まだよくわかっていない点が多い。枝などで,重力に対して一定の角度で伸びるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くっち‐せい【屈地性】

植物体が重力の作用に対して示す屈性。一般に根は正の屈地性、茎は負の屈地性を示す。重力屈性

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっちせい【屈地性】

植物体が重力の作用に対して起こす屈性。正の屈地性を向地性、負の屈地性を背地性と呼び、正は根に、負は茎に現れる。重力屈性。 → 屈性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屈地性
くっちせい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の屈地性の言及

【屈性】より

…刺激方向への屈曲を正の屈性,刺激源から遠ざかろうとする屈曲を負の屈性とよぶ。屈曲運動は刺激源に面する側とその反対側での生長の差によっておこり,刺激の種類に応じて屈光性phototropism,屈地性geotropism,屈熱性thermotropismなどに分けられる。屈光性の存在は,すでに1880年にC.ダーウィンがイネの子葉鞘(しようしよう)での観察にもとづいて指摘している。…

※「屈地性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

屈地性の関連キーワード根(植物)植物回転器成長運動背地性向地性感覚

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android