コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検疫ネットワーク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

検疫ネットワーク

家庭へのインターネット接続環境の普及や、ビジネスシーンでのノートパソコンの利用拡大などにより、ウイルス感染拡大の危険は今まで以上に高まっている。例えば、自宅で仕事の続きをしていたノートパソコンが、自宅のインターネット接続環境を通じてたまたま何かのウイルス/ワームに感染した場合、そのノートパソコンを会社のネットワークに接続すると、社内LANを通じてウイルス/ワーム対策を行なっていないパソコンに感染・蔓延してしまう危険がある。これは、社外からの攻撃・感染を予防するファイアウォールだけでは防ぎきれない。検疫ネットワークは、こうした持ち込んだパソコンの感染の有無を調べ、必要があれば駆除するというもので、社内LANとは接続されていないウイルス/ワーム対策・検出システムを持つネットワークに、持ち込んだパソコンをいったん接続してウイルス/ワームの有無を調べる。検疫ネットワークを確実に運用するには、ウイルス/ワーム対策を最新の状態にしておくことと、社内LANから完全に隔離しておく必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんえき‐ネットワーク【検疫ネットワーク】

quarantine network》外部から持ち込まれたパソコンなどがコンピューターウイルスに感染していないかを調べる、検査専用のコンピューターネットワーク。問題ないことが確認されたのち、社内のLANなどに接続する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検疫ネットワークの関連情報