コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊墨 ようぼく

大辞林 第三版の解説

ようぼく【楊墨】

中国の思想家、楊朱と墨子。楊朱の唱えた自愛主義と墨子の唱えた兼愛説が戦国時代に流行していたが、孟子が出て、楊朱の説は君主を無視し、墨子の説は父を無視するとして排斥してから、儒家は両者を並称して異端の代表とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

楊墨の関連キーワード墨・僕・卜・墨・撲・木・朴・牧・睦孟子字義疏証墨子楊朱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android