コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊漣 ようれんYang Lian; Yang Lien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊漣
ようれん
Yang Lian; Yang Lien

[生]隆慶6(1572)
[没]天啓5(1625)
中国,明末の政治家。応山 (湖北省) の人。字は文孺。号は大洪。諡は忠烈。万暦 35 (1607) 年の進士。常熟知県から兵科都給事中に進んだ。東林党の中心的人物で,紅丸,移宮の2案が起ると,鄭貴妃,李選侍,魏忠賢らの陰謀をあばいた。左副都御史に進むと,魏忠賢の横暴に対し 24大罪をあげて弾劾したが,逆に逮捕され,獄中で殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

楊漣の関連キーワードエリザベス(1世)安土桃山時代(年表)ビレラフェリペ=デ=ヘスースヤギエウォ朝元亀フランシスコ・デ・ボルハアンリ(4世)三方ヶ原の戦いリトアニア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android