横暴(読み)オウボウ

  • おうぼう ワウ‥
  • おうぼう〔ワウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]権力や腕力にまかせて無法・乱暴な行いをすること。また、そのさま。「横暴な振る舞い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) かってなわがままをしたり、乱暴をしたりすること。わがままを通すこと。また、そのさま。わがままかって。
※太政官日誌‐明治六年(1873)六月一二日「岡山県届書〈略〉大半鎮定最早横暴の挙動も無之趣に相聞之申候」
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉一二「それにしても、ちと横暴すぎる事が多いのでね」 〔晉書‐江統伝〕
[補注]同音の類語に「横妨」や「押妨」があり、平安時代から古記録類を中心に使われていた。これらの行為や、その行為者が「暴動」「暴徒」だという意識から「妨」を「暴」に変えたものか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横暴の関連情報