コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東林党 とうりんとう Dong-lin-dang; Tung-lin-tang

6件 の用語解説(東林党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東林党
とうりんとう
Dong-lin-dang; Tung-lin-tang

中国,明末の政治的党派。万暦初年,張居正独裁政治に反対した正義派官僚グループ顧憲成,鄒 (すう) 元標らは,その後も皇太子冊立問題などで内閣や内官一派と対立し,政界から追放された。そこで彼らは郷里無錫に東林書院を再興し,講学活動を行うとともに,在野的政治活動を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうりん‐とう〔‐タウ〕【東林党】

中国、末の政治的党派。1604年、吏部の官吏を免ぜられた顧憲成らによって組織され、講学とともに朱子学的立場から官僚批判や政治批判を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東林党【とうりんとう】

中国,明末の政治的党派。東林学派とも。1604年下野した顧憲成らが郷里無錫(むしゃく)に東林書院を建設,在野の諸同志を糾合して講学活動を展開。その講学は,現実政治に対する痛烈な批判となっただけでなく,在朝の東林派官僚との連携のもとに,商税等の廃止,制度の改革を政府に要求したり,当時の満州民族の侵入と農民起義の拡大という民族的危機に対処しようとしたので,特に江南地方において民衆の支持も獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうりんとう【東林党 Dōng lín dǎng】

中国,明末に東林書院を中心に活動した政治的党派。また学派として東林学派ともよばれる。万暦年間(1573‐1619)顧憲成高樊竜(こうはんりゆう)らは,立太子問題と関連して時の内閣と対立,郷里無錫(むしやく)に帰って東林書院を設立し,同志を糾合して講学活動を行った。その学問は,陽明学末流の空疎に反対し,政治の改革と民生の安定に役立つ実践的な学問を提唱したものであった。この書院には,江南を中心に,時の政治に不満を持つ在野の人士が集まって,当面する政局を論じ,政府を批判して,相当の影響力をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうりんとう【東林党】

中国、明末の政治的党派。神宗のとき、政界を追放された顧憲成・高攀竜こうはんりようらが組織。江蘇省無錫むしやくに東林書院を再興、在野の学者などを集めて講学し、政治批判を行なった。天啓年間(1621~1627)、政界に大きな影響を与えたが、魏忠賢らの反対派と抗争し、激しい党争を繰り返し、明朝滅亡の一因となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東林党
とうりんとう

中国、明(みん)末期の政治的グループに冠せられた呼称。1604年、顧憲成(こけんせい)、高攀龍(こうはんりょう)らが江蘇(こうそ)省無錫(むしゃく)県にあった東林書院を再興し、陽明学末流の無善無悪派を批判すべく講学活動を始めたのがこの名のおこりである。のちにこの講学に参集した人士やそれらと交遊の深い人士たちが、万暦帝や帝を取り巻く魏忠賢(ぎちゅうけん)ら宦官(かんがん)一派の恣意(しい)的な徴税などに反対し、この対抗は権力抗争として天啓帝の時期にさらに激化した。このため、魏忠賢は1625~26年にかけて大弾圧に乗り出し、楊漣(ようれん)、左光斗(さこうと)、魏大中(ぎだいちゅう)ら6人を逮捕虐殺したうえ、自分への反対者とみなす人士を列挙した東林党人榜(じんぼう)なるブラックリストを公表し、さらに弾圧を加えた。のち29年に名誉回復が行われたが、清流、正直とみなされる人士が広く東林学派と目されて、魏忠賢事件に関係のない人士も多数含めて『東林書院志』のなかに列記された。このような経緯から、実際のところ、いわゆる東林学派の範囲はあいまいで、ましてそういう党派が実在していたわけではない。しかし、このようにして挙名された人々の間には一定の共通性がある。彼らは里甲制解体期といわれる明末に、王朝権力の恣意に反対して士人層の声を公論として主張、具体的には特権大地主の強横を批判して均田均役を主張し、郷約(きょうやく)、保甲(ほこう)の整備、民衆の道徳的教戒の強化を図るなど地主主導の郷村秩序の再編に努めた。また水利事業など農業技術の開発、奴僕(ぬぼく)層の融和を図るなど、開明的な色彩をもつ。[溝口雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東林党の言及

【朋党】より

…ついで王安石の改革をめぐって新法党と旧法党との間に激しい党争が行われた。 明代には,万暦年間(1573‐1619),無錫(むしやく)の東林書院を中心に顧憲成らの東林党が起こって在野から政府の失政を厳しく追及した。しかし宦官魏忠賢らの大弾圧に遭遇して東林書院は閉鎖され,指導的メンバーは虐殺されねばならなかった。…

※「東林党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東林党の関連キーワード顧憲成三合会東林書院藍衣社京学国権党乗円(1)ツィカン徐鴻儒方合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone