楠田浩之(読み)くすだ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠田浩之 くすだ-ひろし

1916-2008 昭和-平成時代の映画カメラマン。
大正5年4月14日生まれ。昭和9年松竹蒲田撮影所にはいり,カメラ助手となる。18年の木下恵介監督の第1作「花咲く港」以後おおくの木下作品のカメラを担当した。34年「楢山節考」で芸術選奨。代表作に「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」,日本最初のカラー作品「カルメン故郷に帰る」など。平成20年9月13日死去。92歳。東京出身。京華中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例