コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠田浩之 くすだ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠田浩之 くすだ-ひろし

1916-2008 昭和-平成時代の映画カメラマン。
大正5年4月14日生まれ。昭和9年松竹蒲田撮影所にはいり,カメラ助手となる。18年の木下恵介監督の第1作「花咲く港」以後おおくの木下作品のカメラを担当した。34年「楢山節考」で芸術選奨代表作に「二十四の瞳」「野菊の如き君なりき」,日本最初のカラー作品「カルメン故郷に帰る」など。平成20年9月13日死去。92歳。東京出身。京華中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠田浩之の関連キーワード今日もまたかくてありなんなつかしき笛や太鼓二人で歩いた幾春秋カルメン純情す生きている孫六わが恋せし乙女愛と希望の街大曽根家の朝日本の悲劇歌え若人達死闘の伝説この天の虹太陽とバラ破れ太鼓子供の眼今年の恋婚約指環夕やけ雲風前の灯歓呼の町

楠田浩之の関連情報