コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イイ

デジタル大辞泉の解説

いい〔いひ〕【×楲】

池や用水の水門の一種。箱状のものを地中に埋め、戸を開閉して水勢を調節する仕掛け。和歌では「言ひ」に掛けて用いられる。ひ。ひのくち。
「小山田の苗代水は絶えぬとも心の池の―は放たじ」〈後撰・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いい【楲】

池などから水を流すために地中に埋めた木製の樋とい。戸を開閉して水量を調節する。 「鳥も居で幾よへぬらむ勝間田の池には-の跡だにもなし/後拾遺 雑四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楲の関連キーワード巨勢楲田荒人苗代水倭媛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android