極光(読み)キョッコウ

デジタル大辞泉「極光」の解説

きょっこう[人工衛星]

昭和53年(1978)2月に打ち上げられた科学衛星EXOS-Aエクソスエー愛称。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA、宇宙航空研究開発機構)が開発。名称はオーロラを意味する「極光」に由来する。大気圏外におけるオーロラ観測を目的とし、紫外線領域でのオーロラ撮像に成功。またオーロラ出現時のプラズマの乱れなどを発見した。平成4年(1992)8月に運用終了。

きょく‐こう〔‐クワウ〕【極光】

きょっこう(極光)

きょっ‐こう〔キヨククワウ〕【極光】

オーロラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「極光」の解説

きょっ‐こう キョククヮウ【極光】

〘名〙 オーロラをいう。〔新しき用語の(1921)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の極光の言及

【オーロラ】より

…極光ともいう。主として極地方で見られる現象。…

※「極光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android