極光(読み)きょっこう

デジタル大辞泉の解説

きょく‐こう〔‐クワウ〕【極光】

きょっこう(極光)

きょっ‐こう〔キヨククワウ〕【極光】

オーロラ

きょっこう[人工衛星]

昭和53年(1978)2月に打ち上げられた科学衛星EXOS-A(エクソスエー)の愛称。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA、宇宙航空研究開発機構)が開発。名称はオーロラを意味する「極光」に由来する。大気圏外におけるオーロラ観測を目的とし、紫外線領域でのオーロラ撮像に成功。またオーロラ出現時のプラズマの乱れなどを発見した。平成4年(1992)8月に運用終了。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の極光の言及

【オーロラ】より

…極光ともいう。主として極地方で見られる現象。…

※「極光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極光の関連情報