コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極性効果 polarity effect

法則の辞典の解説

極性効果【polarity effect】

誘電体を挟んで二つの電極をおき,直流電圧を印加して絶縁破壊を起こさせようとする.両電極の配置が非対称(形状が異なったり,材質が異なったり)であったときには,移連れの電極を負極とするかによって絶縁破壊電圧に差が現れる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

極性効果の関連キーワードハメットの通則ビニル重合ハメット則誘電体

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android