コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極東開発 きょくとうかいはつ

1件 の用語解説(極東開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極東開発
きょくとうかいはつ

ソ連の「極東経済地域,ブリヤート自治共和国およびチタ州の 2000年までの生産力総合開発長期国家計画」のこと。 1987年7月に発表された。この計画の目的は,(1) 極東の社会発展をソ連の平均レベルまで引き上げること,(2) 極東の産業構造を改善すること,(3) 極東経済を太平洋地域の分業体制に組み入れることにあった。予定されていた投資総額は 2320億ルーブルで,中央からの投資と域内企業の資金で賄うとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極東開発の関連情報