コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会発展 しゃかいはってんsocial development

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいはってん【社会発展 social development】

社会構造が別のものに変化したり,より単純な構造のものからより複雑な構造のものへ変化したりするときのプロセスやその形態をいう。この変化が漸進的で量的なものなのか,それとも革命的で質的なものなのか,また,この変化が望ましい状態に向けての変化であるのかどうか,あるいはまた変化の原因が社会の内部にあるのかそれとも外部にあるのか,などについて論者の意見は異なる。 この変化の過程一定の方向に向かっての直線的で累積的なものとしてとらえるのが社会進化論の立場である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の社会発展の言及

【社会変動】より

…たとえば,技術革新の普及により企業組織の人員配置に大きな異動がおこり,専門職への需要が増大して,教育制度や雇用制度が変動していき,さらに階級構造の変動へ波及していくというのは,社会変動の具体的な過程の一例である。このような構造変動を意味する社会変動とは区別されるが,しかし近縁の概念として,人口や社会的諸資源のストックおよびフローの変化(ふつうには増大)を意味する社会発展social developmentや社会成長social growthといった概念がある。
[学説]
 社会変動に関する諸学説は,それぞれが提唱された時代と社会の状態をよく反映している。…

【社会変動】より

…たとえば,技術革新の普及により企業組織の人員配置に大きな異動がおこり,専門職への需要が増大して,教育制度や雇用制度が変動していき,さらに階級構造の変動へ波及していくというのは,社会変動の具体的な過程の一例である。このような構造変動を意味する社会変動とは区別されるが,しかし近縁の概念として,人口や社会的諸資源のストックおよびフローの変化(ふつうには増大)を意味する社会発展social developmentや社会成長social growthといった概念がある。
[学説]
 社会変動に関する諸学説は,それぞれが提唱された時代と社会の状態をよく反映している。…

※「社会発展」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

社会発展の関連キーワードファーガソン(Adam Ferguson)レスター・フランク ウォード西アジア経済社会委員会セルジュ ラトゥーシュママドゥ タンジャG.L. デュプラモーリス オーリウアジア的生産様式経済社会発展計画ネオバロック様式グンプロビッチ国家計画委員会社会経済構成体持続可能な開発経済発展段階説社会発展段階説ファーガソン日本開化小史専門家派遣沖縄開発庁

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会発展の関連情報