コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎倉香邨 えのくら こうそん

美術人名辞典の解説

榎倉香邨

かな書道家。大正12年(1923)兵庫県生。名は弘。安東聖空に師事した。日本芸術院賞・文部大臣賞等多数受賞。日本書芸院副理事長・読売展総務・香瓔会会長。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎倉香邨 えのくら-こうそん

1923- 昭和後期-平成時代の書家。
大正12年4月10日生まれ。安東聖空にまなび,昭和31年日展初入選,38年,50年特選。60年兵庫県文化賞。平成8年日展出品の「流翳」で芸術院賞をうけた。書道香瓔会を主宰。日展参事,日本書芸院名誉顧問。兵庫県出身。兵庫師範卒。本名は弘。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

榎倉香邨の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android