コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東聖空 あんどう せいくう

美術人名辞典の解説

安東聖空

書家。兵庫県生。名は正郎。独学仮名の研究に志し、雑誌「かなとうた」を発行して書道の普及に尽した。また泰東書道院第一回展では、最高賞を受賞。以来各展で活躍し、書道界に大きな影響を与える。日展顧問。芸術院会員文化功労者。昭和58年(1983)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東聖空 あんどう-せいくう

1893-1983 大正-昭和時代の書家。
明治26年8月19日生まれ。近藤雪竹(せっちく)に漢字をまなび,のち古筆かなを独習し,大正14年桑田笹舟(ささふね)らと正筆会を結成。昭和4年機関誌「かなとうた」を創刊。戦後は「正筆」を主宰し,かな書道の普及につくした。36年芸術院賞,55年文化功労者。昭和58年3月3日死去。89歳。兵庫県出身。姫路師範卒。本名は正郎(まさお)。別号に梅雪。著作に「古典かなの美」「聖空百人一首」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安東聖空
あんどうせいくう
(1893―1983)

書家。兵庫県に生まれる。名を正郎、梅雪とも号した。教鞭(きょうべん)をとるかたわら、書を志し、20代後半より日下部鳴鶴(くさかべめいかく)の門人、近藤雪竹(1863―1928)に師事して漢字を学ぶ。かなは、平安朝の代表的古筆『粘葉本(でっちょうぼん)和漢朗詠集』に範を求め独習。のち、かな書道研究誌『かなとうた』を創刊、第二次世界大戦後は『正筆』を主宰し、かな書道の普及に尽力した。古典に裏打ちされた清楚(せいそ)なかな美が多くの支持を集め、かな書壇の重鎮として活躍。芸術院会員。手本『梅雪かな帖』全3冊、著書『古典かなの美』全3巻がある。[神崎充晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安東聖空の関連キーワード榎倉香邨昭和時代西谷卯木書家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android