コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川琢治 おがわたくじ

7件 の用語解説(小川琢治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小川琢治
おがわたくじ

[生]明治3(1870).5.28. 和歌山
[没]1941.11.15. 京都
地質学者,地理学者東京大学地質学科卒業 (1896) 後,地質調査所技師 (97) を経て京都大学文科大学教授 (1908) 。その後,同大学理学部地質学科初代主任教授 (21~30) 。帝国学士院会員 (26) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おがわ‐たくじ〔をがはタクヂ〕【小川琢治】

[1870~1941]地質学者・地理学者。和歌山の生まれ。日本列島の構造に関する研究に寄与。京大教授。小川芳樹貝塚茂樹湯川秀樹小川環樹の父。著「地質現象の新解釈」「人文地理学研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小川琢治【おがわたくじ】

地質・地理学者。和歌山県生れ。東大卒業後,地質調査所技師,京大教授。《日本群島地質構造論》(1899年)でナウマン,原田豊吉とは異質の構造論を提起。また歴史地理学の分野を開拓。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川琢治 おがわ-たくじ

1870-1941 明治-昭和時代前期の地質・地理学者。
明治3年5月28日生まれ。小川芳樹,貝塚茂樹,湯川秀樹,小川環樹の父。地質調査所技師となり,日本各地を調査して地質図を作成した。明治41年京都帝大教授。人文地理・自然地理・地球物理学などの境界領域をも包括する広義の地学体系を提起した。学士院会員。昭和16年11月15日死去。72歳。紀伊(きい)田辺(和歌山県)出身。帝国大学卒。旧姓は浅井。著作に「人文地理学研究」「日本群島」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おがわたくじ【小川琢治】

1870‐1941(明治3‐昭和16)
地質・地理学者。和歌山県田辺の藩儒浅井家に生まれる。家学を継ぐべく東京に遊学したが,理科に興味を抱き,1891年の濃尾地震を見て地質学を志す。96年東京大学理科大学卒。地質調査所を経て1908年京都大学の地理学講座の初代教授。21年理学部地質学教授にかわり,30年退官。《山海経(せんがいきよう)》などの中国古典を使い,中国歴史地理学の開拓者ともなった。著作は《支那歴史地理研究》ほか。貝塚茂樹,湯川秀樹らの父。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おがわたくじ【小川琢治】

1870~1941) 地質学者・地理学者。和歌山県生まれ。京大教授。貝塚茂樹・湯川秀樹・小川環樹の父。西南日本の地質構造を調査、日本列島の構造に関する研究に貢献。主著「支那歴史地理研究」「日本群島」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小川琢治
おがわたくじ
(1870―1941)

地質学者、地理学者。和歌山県田辺(たなべ)の儒家に生まれる。1896年(明治29)東京帝国大学理科大学地質学科卒業後、地質調査所に入り、高知、木本、鳥羽(とば)、珠洲(すず)岬、輪島(わじま)の20万分の1地質図を作製。また1902年(明治35)には中国に赴き、華北をはじめ各地を巡察。1908年京都帝国大学文科大学教授に就任、地理学講座を担当した。1921年(大正10)同大学理学部地質鉱物学科の主任教授となる。また地球学団を組織し、機関誌『地球』を刊行。1930年(昭和5)退官後は帝国学士院会員となる。論文、著作は多いが、深発地震説を唱えた『地質現象の新解釈』、中国の歴史地理を論じた『支那(しな)歴史地理研究』をはじめ、『日本地図帖』などがある。長男の小川芳樹(よしき)(1902―1959)、二男の貝塚茂樹(しげき)、三男の湯川秀樹(ひでき)、四男の小川環樹(たまき)(1910―1993)は、それぞれ冶金(やきん)学、東洋史学、物理学、中国文学の学者として著名である。[織田武雄]
『小川琢治著『一地理学者の生涯』(1941・弘文堂書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小川琢治の言及

【集落】より


[日本の集落地理学の発達]
 日本の近代的集落地理学もまた,欧米と同様に形態論に始まった。ドイツ集落地理学をうけて1913年小川琢治が,ドイツのウェストファーレン地方に顕著にみられるEinzelhofに初めて〈孤立荘宅〉の訳を与え,これが越中砺波(となみ)地方の散村に適用される性格のものであり,その起源が班田制に由来するとともに,その存続要因が土地政策とフェーンからの自衛的な生活の知恵であるとした。また,これとともに大和盆地の条里施行地域に垣内(かいと)の名称をもつ環濠集落がみられることに着目し,条里制による〈条里式村落〉あるいは〈垣内式村落〉と呼称して,日本の集落形態を世界的な集落地理学研究の場に引き出した。…

※「小川琢治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小川琢治の関連キーワード近重真澄木村栄吉芝田忠五郎鈴木禎次竹本津太夫(3代)田中国重谷口尚真福良虎雄降矢芳郎百瀬一一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone