標柱(読み)ヒョウチュウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ちゅう〔ヘウ‐〕【標柱】

目じるしのために立てる柱。
測量の際、目標または尺度とするために立てる長い棒。ポール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうちゅう【標柱】

めじるしの柱。また、めじるしとなるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐ちゅう ヘウ‥【標柱】

〘名〙
① 目じるしの柱。転じて、目じるしとなるような重要な存在。
輿地誌略(1826)四「契利斯執安第五世王、馬を以て山巓に陟り、南北の地を眺望し、其処に標柱を建つ」
② 測量用のポールをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標柱の関連情報