コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準バスケット方式 ひょうじゅんバスケットほうしき standard currency basket system

1件 の用語解説(標準バスケット方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準バスケット方式
ひょうじゅんバスケットほうしき
standard currency basket system

SDRと各国通貨の交換比率を決定するために 1974年7月に導入された方式。 SDR創設時には 1SDR=1米ドル=金 0.888671gと定め,これに基づき SDRを目的の通貨に換算していたが,ニクソン・ショックにより米ドルと金がリンクしなくなり,変動相場制度に移行したため新たな算定方式が必要となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の標準バスケット方式の言及

【SDR】より

…SDRの歴史は浅く,その規模も小さいが,SDRの魅力を増すためにこれまで工夫が重ねられた。創設当時1SDRの価値は70年当時の米ドルと同じ0.888671gの純金に等しいものと定められたが,71年のドルの金交換性停止,73年の変動相場制導入以降は〈標準バスケット方式〉とよばれる評価方法で決められている。この方法は,主要16ヵ国通貨(世界貿易のなかで1%以上のシェアをもつ通貨)のバスケットによってSDR価値を示すため,個々の通貨に比較して安定性に優るという利点がある。…

※「標準バスケット方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

標準バスケット方式の関連キーワード外国為替相場為替相場金平価購買力平価平価固定為替相場制円相場通貨戦争外国通貨建て変動相場制(Floating Exchange Rate System)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone