コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準バスケット方式 ひょうじゅんバスケットほうしきstandard currency basket system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

標準バスケット方式
ひょうじゅんバスケットほうしき
standard currency basket system

SDRと各国通貨の交換比率を決定するために 1974年7月に導入された方式。 SDR創設時には 1SDR=1米ドル=金 0.888671gと定め,これに基づき SDRを目的の通貨に換算していたが,ニクソン・ショックにより米ドルと金がリンクしなくなり,変動相場制度に移行したため新たな算定方式が必要となった。そこで 74年7月から SDRは,米ドルだけでなく,68年から 72年までの5年平均で加盟国全体の財・サービスの輸出合計に占めるシェアが1%以上あった 16ヵ国の通貨の加重平均値で決めていたが,煩雑だったため 81年に G5国の通貨の加重平均に改訂され簡素化をはかった。 91年1月からの各通貨のウエイトは米ドル 40%,ドイツマルク 21%,円 17%,ポンド,フランスフランはそれぞれ 11%となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の標準バスケット方式の言及

【SDR】より

…SDRの歴史は浅く,その規模も小さいが,SDRの魅力を増すためにこれまで工夫が重ねられた。創設当時1SDRの価値は70年当時の米ドルと同じ0.888671gの純金に等しいものと定められたが,71年のドルの金交換性停止,73年の変動相場制導入以降は〈標準バスケット方式〉とよばれる評価方法で決められている。この方法は,主要16ヵ国通貨(世界貿易のなかで1%以上のシェアをもつ通貨)のバスケットによってSDR価値を示すため,個々の通貨に比較して安定性に優るという利点がある。…

※「標準バスケット方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

標準バスケット方式の関連キーワードヨーロッパ通貨制度ペーパーゴールド国際通貨基金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android