諸点(読み)しょてん

精選版 日本国語大辞典「諸点」の解説

しょ‐てん【諸点】

〘名〙 多くのいろいろな箇所
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「折柄質問に来し書生に向ひ法理学の諸点(ショテン)を講ずるを聴くに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「諸点」の解説

もろ‐てん【諸点】

歌の評点で、左右の肩に打つ点。
漢文に訓点をつけるとき、送り仮名と返り点との両方をつけること。→片点

しょ‐てん【諸点】

多くのいろいろな箇所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android