コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準反射率 ヒョウジュンハンシャリツ

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐はんしゃりつ〔ヘウジユン‐〕【標準反射率】

写真撮影における適正露出を決めるための基準となる反射率。18パーセントで、無光沢の灰色に相当する。→グレーカード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

標準反射率

 適正露出を決める基準となる数値。被写体が光を反射する割合(白い物で約90%、黒い物で約4%)の、あらゆる物の平均値である反射率18%のこと。日本人の肌の反射率に近い数値でもある。この反射率をもつグレーの被写体を、見た目通りのグレーに再現できるように露出計は働くと言える。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

標準反射率の関連キーワード反射光式露出計露出補正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android