コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準岩石試料 ひょうじゅんがんせきしりょう standard rock

1件 の用語解説(標準岩石試料の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

標準岩石試料

岩石の分析で,分析方法の検討や分析値が既知の標準物質として用いる岩石粉末試料.岩石あるいは一部の鉱物の標準試料は地質学,地球化学環境問題などの基礎研究に用いられるものが多いが,工業原料として資源評価のために作られた各種の鉱物,鉱石もある.現在各国で岩石,鉱物の標準試料が作成され,その種類や量は著しく増加した.1950年に初めてアメリカ地質調査所で作られたG-1(花崗岩),W-1(輝緑岩)などは消費されてしまい現在では入手不能となり,その後それに代わるものが作られた[長倉ほか : 1998, Chayes & Suzuki : 1963].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標準岩石試料の関連キーワード言語分析間接分析蛍光分析工業分析一般分析公定分析法生物化学分析超遠心分析超微量分析ヘッドスペース法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone