コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準岩石試料 ひょうじゅんがんせきしりょうstandard rock

岩石学辞典の解説

標準岩石試料

岩石の分析で,分析方法の検討や分析値が既知の標準物質として用いる岩石粉末試料.岩石あるいは一部の鉱物標準試料地質学,地球化学,環境問題などの基礎研究に用いられるものが多いが,工業原料として資源評価のために作られた各種の鉱物,鉱石もある.現在各国で岩石,鉱物の標準試料が作成され,その種類や量は著しく増加した.1950年に初めてアメリカの地質調査所で作られたG-1(花崗岩),W-1(輝緑岩)などは消費されてしまい現在では入手不能となり,その後それに代わるものが作られた[長倉ほか : 1998, Chayes & Suzuki : 1963].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android