コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質調査所 ちしつちょうさじょ

百科事典マイペディアの解説

地質調査所【ちしつちょうさじょ】

地質,地下資源などの調査,研究を行う国家機関。国内各地の一般的地質調査と地質図の出版,特定テーマによる調査研究(地熱エネルギー開発,地震や火山噴火の予知・災害防止,海洋資源開発など)が主業務。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちしつちょうさじょ【地質調査所】

地質および地下資源に関する調査研究を総合的に実施する国立研究機関。同種の機関は世界の多くの国々に設置されている。日本では,1878年ドイツの地質学者E.ナウマンの建議で内務省地理局内に設置された地質課を前身とし,1882年農商務省地質調査所として発足した。初代所長は和田維四郎(つなしろう)。以後,商工省,軍需省時代を経て,現在は通商産業省工業技術院に所属している。設立以来,国土の地質の解明のため全国地質図幅(縮尺40万分の1,20万分の1,7万5000分の1,5万分の1)の調査を継続的に行っており,一方,各種地下資源や国土保全,災害防止の調査研究を進めて,産業開発や地質学の発展に貢献してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

地質調査所の関連キーワードホワイト(Israel Charles White)カール・アルフレッド・フォン ツィッテルチャールズ・ドーリトル ウォルコットチャールズ・ホイットマン クロスノースダコタ州とシェールオイルオットー・H. シンデウォルフグローブ・カール ギルバートジョージ・エドワード ルイスI.チャールズ ホワイトウィリアム・W. ルービフランク・W. クラークアマデウス グレーボーM.A. ベルトランビンソン・マッシフ山ハンス シュティレ松代マグニチュードソロモン諸島と地震ロマプリータ地震R. パンペリーホイットニー山

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地質調査所の関連情報