コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質調査所 ちしつちょうさじょ

2件 の用語解説(地質調査所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

地質調査所【ちしつちょうさじょ】

地質,地下資源などの調査,研究を行う国家機関。国内各地の一般的地質調査と地質図の出版,特定テーマによる調査研究(地熱エネルギー開発,地震や火山噴火の予知・災害防止,海洋資源開発など)が主業務。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちしつちょうさじょ【地質調査所】

地質および地下資源に関する調査研究を総合的に実施する国立研究機関。同種の機関は世界の多くの国々に設置されている。日本では,1878年ドイツの地質学者E.ナウマンの建議で内務省地理局内に設置された地質課を前身とし,1882年農商務省地質調査所として発足した。初代所長は和田維四郎(つなしろう)。以後,商工省,軍需省時代を経て,現在は通商産業省工業技術院に所属している。設立以来,国土の地質の解明のため全国地質図幅(縮尺40万分の1,20万分の1,7万5000分の1,5万分の1)の調査を継続的に行っており,一方,各種地下資源や国土保全,災害防止の調査研究を進めて,産業開発や地質学の発展に貢献してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地質調査所の関連キーワード国立健康・栄養研究所水産研究所地下資源法制局ライマン人口統計Кавказ蚕糸試験場ロボティクス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地質調査所の関連情報