コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準温度計 ヒョウジュンオンドケイ

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐おんどけい〔ヘウジユンヲンドケイ〕【標準温度計】

温度計を検定する際に標準として利用される温度計。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

標準温度計【ひょうじゅんおんどけい】

他の温度計を検定する際,標準として用いる温度計。温度の範囲をいくつかに区分し,それぞれについての標準温度計が考案されている。ガラス製温度計(−50〜600℃),白金測温抵抗体(−260〜630℃),白金‐白金ロジウム(10%)熱電対(0〜1500℃),光高温計用標準リボン電球(900〜2000℃)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

標準温度計の関連キーワードファーレンハイト白金抵抗温度計メートル条約蒸気圧温度計抵抗温度計温度の定点熱電対合金

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android