標結う(読み)シメユウ

デジタル大辞泉の解説

標(しめ)結(ゆ)・う

占有を示す標識として、縄などをむすんで巡らす。また、草などをむすんで目印をつける。
「浅茅原小野に―・ひ空言(むなこと)をいかなりと言ひて君をし待たむ」〈・二四六六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しめ【標】 結(ゆ)

占有・道標のしるしとして草などを結ぶ。縄などを張って立入りを禁ずる。また、反対に、出て行くのを止める意にも用いる。
※万葉(8C後)二・一五一「かからむとかねて知りせば大御舟泊(は)てし泊まりに標結(しめゆは)ましを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android