権の助\輔(読み)ごんのすけ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごん【権】 の 助・輔(すけ)

、亮、、介などの権官。
源氏(1001‐14頃)若菜上「宮の権の佐、院の殿上にもさぶらふを」
② 明治の初めに設置された神祇内国、外国、軍防、会計、刑法、制度の各事務局、大蔵省造幣寮兵部省兵学寮、および太政官各省の寮に置かれた職員。助(輔)の次に位し、これを補佐するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android