権の北の方(読み)ゴンノキタノカタ

デジタル大辞泉の解説

権(ごん)の北の方(かた)

北の方に準じる人。準正室。
「御召人(おほんめしうど)の典侍(ないしのすけ)のおぼえ、年月にそへてただ―にて」〈栄花・さまざまの喜び〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごん【権】 の 北(きた)の方(かた)

(「北の方」は正妻の意) 北の方に準ずる人。北の方の次位にある人。側室。
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「この殿は上もおはせねば、この女御殿の御方に候ひつる大輔といふ人を使ひつけさせ給て、いみじう思し時めかし使はせ給ひければ、権の北の方にてめでたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android