横河時介(読み)よこがわ ときすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横河時介 よこがわ-ときすけ

1896-1974 昭和時代の経営者。
明治29年4月9日生まれ。横河民輔の長男。アメリカのコーネル大卒業後,父がいとなむ横河工務所にはいる。のち横河橋梁(きょうりょう)製作所・横河電機製作所の社長に就任。昭和38年横河工事を設立して総合建設業に進出,横河グループの基礎をつくった。昭和49年8月23日死去。78歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android