コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樫山 欽四郎 カシヤマ キンシロウ

20世紀日本人名事典の解説

樫山 欽四郎
カシヤマ キンシロウ

昭和期の哲学者 元・早稲田大学文学部教授。



生年
明治40(1907)年5月1日

没年
昭和52(1977)年8月7日

出生地
長野県小諸

学歴〔年〕
早稲田大学哲学科〔昭和6年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和35年〕

経歴
昭和7年早大第二高等学院講師、15年教授、24年文学部教授、29年同高等学院長兼務、第二文学部長、第一文学部長、大学院文学研究科委員長を歴任した。ヘーゲル研究で知られ26年ヤスパース協会、32年実存主義協会設立に参画、理事を務めた。35年「ヘーゲル精神現象学の研究」で文学博士。また44年早大野球部長に就任、東京六大学野球連盟理事、日本学生野球協会理事を務めた。さらに兄純三が設立した樫山奨学財団理事、日米大学野球世界選手権大会組織委員、明治神宮外苑運営委員、日本学術会議哲学研究連絡委員会委員などを歴任した。著書に「ドイツ精神の生成」「ヘーゲル論理学の研究」「悪」などのほか翻訳にヘーゲル「精神現象学」「エンチクロペディー」、カント「実践理性批判」、随筆集「あたりまへのこと」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

樫山 欽四郎の関連キーワード樫山文枝樫山純三

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android