コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺島礼吉 かばしま れいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺島礼吉 かばしま-れいきち

1876-1925 明治-大正時代の実業家。
明治9年4月22日生まれ。37年清(しん)(中国)政府にまねかれて南京総督府工業顧問兼江南高等実業学堂総教授となる。帰国後,エルゼー・ヒーリング商会東京出張所技師。のち帝国電灯常務,社長となった。大正14年3月17日死去。50歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

樺島礼吉の関連キーワード樺島 礼吉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android