コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺島石梁 かばしま せきりょう

2件 の用語解説(樺島石梁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺島石梁 かばしま-せきりょう

1754-1828* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年10月7日生まれ。江戸にでて細井平洲にまなぶ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬頼貴の知遇をえて寛政8年藩校明善堂の教授となった。文政10年11月30日死去。74歳。筑後出身。名は公礼。字(あざな)は世儀。通称は勇七。別号に万年。著作に「石梁文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

樺島石梁

没年:文政10.11.30(1828.1.16)
生年:宝暦4.10.7(1754.11.20)
江戸中期から後期にかけての儒学者。名は公礼,字は世儀,通称勇七,石梁と号す。筑後(福岡県)久留米生まれ。天明期に江戸に遊学し細井平洲に従う。藩主の信を得て小姓となり,また藩校明善堂設置に携わって教授となる。のち使番から側物頭に進み采禄130石。その40年におよぶ藩仕生活の大半を江戸で過ごした。平洲門にちなんで尾張の明倫堂や江戸の嚶鳴館の儒者とも親しい。交友は広く,北部九州からきた学者の江戸における案内役も果たす。経世実学と文事の均衡のとれた儒者で,久留米の名大夫有馬息焉や多くの漢詩人を門下に輩出するなど,その江戸,久留米両地における隠然たる影響は無視できない。和文も堪能である。<参考文献>樺島石梁先生顕彰会編『樺島石梁遺文』

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

樺島石梁の関連キーワード石川雅望樺島石梁坂東彦三郎(3代)モンティ坂東彦三郎北欧演劇ツンベリースティロライトアディノールワイマール

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone