コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺島石梁 かばしま せきりょう

2件 の用語解説(樺島石梁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺島石梁 かばしま-せきりょう

1754-1828* 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年10月7日生まれ。江戸にでて細井平洲にまなぶ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬頼貴の知遇をえて寛政8年藩校明善堂の教授となった。文政10年11月30日死去。74歳。筑後出身。名は公礼。字(あざな)は世儀。通称は勇七。別号に万年。著作に「石梁文集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

樺島石梁

没年:文政10.11.30(1828.1.16)
生年:宝暦4.10.7(1754.11.20)
江戸中期から後期にかけての儒学者。名は公礼,字は世儀,通称勇七,石梁と号す。筑後(福岡県)久留米生まれ。天明期に江戸に遊学し細井平洲に従う。藩主の信を得て小姓となり,また藩校明善堂設置に携わって教授となる。のち使番から側物頭に進み采禄130石。その40年におよぶ藩仕生活の大半を江戸で過ごした。平洲門にちなんで尾張の明倫堂や江戸の嚶鳴館の儒者とも親しい。交友は広く,北部九州からきた学者の江戸における案内役も果たす。経世実学と文事の均衡のとれた儒者で,久留米の名大夫有馬息焉や多くの漢詩人を門下に輩出するなど,その江戸,久留米両地における隠然たる影響は無視できない。和文も堪能である。<参考文献>樺島石梁先生顕彰会編『樺島石梁遺文』

(宮崎修多)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樺島石梁の関連キーワード擬古文洒落本西川流襟白粉毛巻前太平記奴島田窮理学御所解模様白藤源太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone