コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺美智子 かんば みちこ

1件 の用語解説(樺美智子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樺美智子 かんば-みちこ

1937-1960 昭和時代後期の学生運動家。
昭和12年11月8日生まれ。昭和32年東大に入学後,共産党に入党。のち共産主義者同盟(ブント)に参加。文学部学友会副委員長として安保闘争にとりくみ,35年6月15日全学連主流派の国会構内抗議集会で警官隊と衝突,同日死去。22歳。遺稿集に「人しれず微笑まん」。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の樺美智子の言及

【学生運動】より

…ブントは59年6月の第14回大会で,日本トロツキスト連盟の改組によって生まれた革共同(革命的共産主義者同盟)から全学連の主導権を奪い,60年安保闘争(〈日米安全保障条約〉の項目を参照)で主導権を発揮した。全国で580万人が統一行動に参加し,11万人の請願デモが国会を取り巻いて最大の盛上りをみせた6月15日の国会闘争で,東大生樺美智子が警官隊との衝突の中で死亡した。この事件がデモをさらに盛り上げ,政府は予定されていたアイゼンハワー・アメリカ大統領の訪日中止を発表した。…

【日米安全保障条約】より

…60年5月19日,岸信介内閣と自民党主流派が改正条約の批准案を審議経過の報告と討論を抜きにして採決を強行すると,それに議会主義・民主主義の危機を感知した広範な国民が安保闘争に参加するようになり,たとえば5月26日第16次統一行動には全国54万人,東京17万5000人の参加者が見られ,夜の銀座通りがフランス式デモで埋められた。6月4日の労組の政治ストライキを含む統一行動につづいて,6月15日には第2波の大規模な実力行使が行われ,国会構内に全学連を中心とするデモ隊が突入し,東大生樺美智子が警官隊との衝突の中で死亡した。この六・一五事件が闘争をさらに高揚させ,岸内閣はこの情勢に直面して,予定されていたアイゼンハワー大統領の訪日中止を翌日要請し,かつ7月15日に総辞職した。…

※「樺美智子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

樺美智子の関連キーワードノンセクトラジカル秋田明大生田浩二奥浩平香椎瑞穂唐牛健太郎近藤巨士高野悦子(2)田中吉六山崎博昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樺美智子の関連情報