圧死(読み)アッシ

デジタル大辞泉の解説

あっ‐し【圧死】

[名](スル)おしつぶされて死ぬこと。「倒れたブロック塀の下敷きになって圧死した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あっし【圧死 traumatic asphyxia】

胸部あるいは胸腹部が圧迫され,呼吸運動が障害されて窒息死すること。災害時などに土砂崩れ雪崩によって土砂や雪に埋没した場合や,倒壊家屋,重量物,人なだれなどの下敷きになった場合,物の間に挟まれた場合に起こる。特異な場合として,〈布団蒸し〉や〈簀の子(すのこ)責め〉などによっても生じることがある。純粋な圧死は少なく,土砂崩れや雪崩の際は鼻口閉塞や気道内の土砂や雪による閉塞を伴ったり,胸腹部が強圧された場合は,心臓,肺,肝臓などの重要臓器や大動脈などの大血管の破裂を伴っていることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あっし【圧死】

( 名 ) スル
物に押しつぶされて死ぬこと。 「倒れた柱の下敷きになって-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あっ‐し【圧死】

〘名〙 強い力で、押しつぶされて死ぬこと。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「弾丸破烈、圧死(アッシ)の体(てい)」 〔後漢書‐順帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧死の関連情報