橘 樸(読み)タチバナ シラキ

20世紀日本人名事典の解説

橘 樸
タチバナ シラキ

大正・昭和期のジャーナリスト,中国研究家



生年
明治14(1881)年10月14日

没年
昭和20(1945)年10月25日

出生地
大分県臼杵市海添

学歴〔年〕
五高〔明治34年〕中退,早稲田大学〔明治36年〕中退

経歴
明治34年北海タイムス社に入社。39年満州に渡り、ついで北京に渡って中国社会に強く関心を抱く。「遼東新報」記者、「日華公論」主筆満鉄嘱託などを歴任し、評論家として活躍。この間、大正13年「月刊支那研究」を創刊。昭和6年「満州評論」を創刊、主幹。7年満州国協和会創立とともに理事、15年昭和研究会に参加。敗戦後、奉天で客死した。著書に「土匪」「道教」「満州と日本」「支那社会研究」「支那思想研究」「中華民国三十年史」「中国革命史論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

橘 樸 (たちばな しらき)

生年月日:1881年10月14日
大正時代;昭和時代のジャーナリスト;中国問題研究家
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android